Skip to content →

いいものなんてたくさんあって

それでもわざわざ自分でやりたくなってしまうのは、やっている時間が楽しかったからなんだろうっておもうことが多いんです最近。すぐできるけどそこそこおいしいパスタと何かつくって、午後ローとか音楽のなにかとか見るぐらいです最近。ちょっと探すとなんでもあるのがいいのか悪いのかわかりませんけど僕が小学生の頃はリセットボタンがあるから最近のガキはどうとか言われたのを覚えています。さっさと目的にたどり着くのは悪いことではないようないいことでもないようなけれど得をしたかのような。そもそもたのしくなるのは結果次第なんですかね。それだとこれまでだいたい楽しくなかったはずで、でもそこまででもなかったんです。だからか結果も意味も成果も何もなくってたのしい時間だと考えてしまうのは理想が過ぎるんでしょうか。

Published in 未分類